福井っ子が「iPhone 6」を買いました (レビュー・感想)

iPhone 6

今話題の「iPhone 6」を手に入れました!

サイズも大きくなり、ディスプレイの発色もとても綺麗。やっと念願のiPhoneを手に入れた。

とりあえず、「iPhone 6」を触ってみた

iPhoneを購入した理由

これまでAndroid端末を使っていたので初iPhone、 AndroidからiPhoneに乗り換えたきっかけ…

  • 特にAndroidにこだわる理由がなかった
  • iPhoneはアプリの起動がサクサクなイメージ
  • Apple Storeで販売されているアプリは信頼できる
  • 気に入っているアプリが多い
  • シンプルで使いやすそう
  • 他にApple製品を持っていて使い慣れている
  • 将来、iPod代わりとして使いたい

AndroidからiPhoneに乗り換えた感想

これまでのAndroidと比べてどうこう思ったことを色々。

キーボードの「戻る」「進む」ボタンがない

Androidではあった文字を1文字戻る、進むボタンがないので、 文章の中の文字にピンポイントにカーソルを合わせるのがやや面倒。

テレビを見れなくなった

Android端末でテレビを観る機会が多いユーザーさんは、 iPhoneに機種変すると苦しむかも…ですね。

幸い、Androidでテレビをほとんど観ていなかったので、 特に何とも思わず…でした。

過去「Apple Store」で購入したアプリを使える

Apple製品を別に持っている場合は、 iPhoneを使うとアプリ代の節約(?)になります。

例えば、iPod Touchで何かしらのアプリを購入すると、 「あのアプリ、また買わないといけないのー?」ってことがなく、 新しく購入したiPhoneでもインストールが出来るわけですねー。

「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」どっちにすべき?

今回のiPhoneは、無印、Plusいずれにしても大きいですね。

Webで出回っている画像を見ていてもいまいちピンとこず、 やっぱり実機を触ってこそだと思います。

Plusはさすが、1万円札ほどの大きさがあり、 片手操作は無理でした。

この点にネガティブな感想を多く聞きますが、 でも、ブラウザなど大画面だからこそ見やすい面もあって、 大きさこそ気にならなければPlusの方が使いやすいと思いました。

今回はPlusではなく無印の「iPhone 6」を選びました。 画面が大きい端末は「iPad mini」を持っているので、携帯性を重視。

すぐに手に入る?

2014年09月23日時点の状況ですが、 福井の各携帯ショップでは「入荷待ち」が多いです。

そんな中、意外と家電量販店は穴場のような気がします。

  • 100満ボルト
  • ヤマダ電機

携帯ショップがある家電量販店に、 iPhoneの在庫状況を聞いてみるのも良しですね。

この記事をシェアする