車掌とトラブった学生が乗車した福井の無人駅、王子保駅(おうしおえき)

 

は~るがき~た~

は~るがき~た~

ど~こ~に~きた~

 

春の陽気が福井には訪れていますが、人生の春は全く来る気配がないたんぱくです。

 

先日、家でゴロゴロとにちゃんまとめを見てたんですが、こんな記事が話題になってました。

無賃乗車の学生「いくらっすか?」 JR車掌が胸ぐら掴み一喝「言葉遣いに気をつけろ!」痛いニュース

 

話の本筋はリンクを見ていただくとわかるんですが、実はこの騒動起きたの福井なんですよね。読んでてびっくり。

トラブルを起こしたのはJR西日本金沢支社福井運転センターに所属する30代の男性乗務員。学生側によると、男子学生は11日午後6時ごろ、無人の王子保駅(福井県越前市)から乗車。敦賀駅(同県敦賀市)に向かう途中で切符の有無を車掌に確認され、購入しようと「いくらっすか?」と尋ねたところ、車掌が学生の胸ぐらをつかみ「言葉遣いに気を付けろ」とにらみつけたという。

車掌が学生の胸ぐらつかんで暴言 切符巡りトラブル、JR謝罪(福井新聞ONLINE 3/17(金) 8:38配信)

 

色んな視点で、様々な意見がネット上で出されてましたが、その中には、そもそも無人駅を知らない想像できてない人も多くいたので。福井県の越前市にある無人駅、王子保駅(おうしおえき)に行ってきました。

 

これが無人駅、王子保駅(おうしおえき)

外装はこんな感じ

田舎の無人駅には当たり前の様に電話ボックスがあります。

こちらも田舎の駅あるあるなんですが、駐輪場には、後輪の荷物乗せる所がぐい~~と曲げられ、ハンドルがぐい、ぐい~~~~と曲げられてる自転車が多い。やんちゃな高校生が乗ってる自転車はみんなこうなってます、彼らはヘソを曲げるより、自転車を曲げる方が好きなんです。

 

中に入ると右手に待合スペースがあり、左には過去には駅員さんが常勤していたであろう窓口。

過去に盗難があった為か、厳重に檻に入れられ守られてるストーブ。

待合イスにある座布団は妖怪ウォッチ、「えき」とマジックで書く事により、こちらも盗難防止。

今は無人駅となった王子保駅(おうしおえき)窓口に駅員さんはいません。

窓口の脇には「やめよう無賃乗車」のポスターが、、、、無賃乗車、通称キセル被害が多いのが伺えます。

時刻表、1時間に1本がデフォなので、そりゃあ駅員さんはいらないでしょう、いたとして搭乗時間以外は駅員さんの仕事が想像つかない。

 

切符買う機械もないのでそのままホームへ行くのが無人駅、電車に乗ってから車掌さんから買ってね!!

 

窓口に書いてある通り、切符を買う機械はありません。

ホームへの入口。

ホーム側から。

 

無人どころか、駅員さんが立つスペースも特にないです、無人駅に改札という概念はありません、入口・出口ではなく通り道。

年季を感じさせる柱・・・・・

ぼろぼろな建物と思いきやトイレはキレイ。

反対のホームへは、階段で移動。

50年近く前に建てられた階段。

強風で飛んでかないか心配。

反対のホームの待合室ならぬ待合小屋。

座布団はドラえもん。薄くて見にくいですが盗難防止の「えき」の文字。

無人駅だから今まで、いろんな物持ってかれたんだろうな~

 

少し気になった事。

 

以上が福井県の越前市にある無人駅、王子保駅(おうしおえき)の全容です。

見てもらうと分かる様に、電車に乗るまでは自分以外の乗車客を除くと、他人の目はありません。なので、「まあいいか」と軽い気持ちでやってしまう事があるんでしょうね・・・・・

今回は、「学生が敦賀に向かって搭乗した」のが事の発端ですが、無賃乗車=学生ってなんか違和感感じました。ほとんどの電車利用の学生は定期券を持っているから、乗ってる時に見せれば済む話でしょうし・・・・・

定期券を持ってなかったとしても、敦賀駅には駅員さんがいるので、切符を買わないと駅から出れないし・・・・・

 

搭乗した学生はどの駅で降りようとしてたのかが分からないと何とも言えないな~と気になりました、降りてから料金払おうとしていたのかもしれないですしおすし。

他にも、寝たふり?学生服だった?それとも私服?乗った時の車掌さんと声かけた車掌さんは同じ?などなどもやもや出ましたが、確実な事は無人駅は電話ボックスがある!色んな物の盗難に過敏!ぐにゃ~~となってる自転車がある!

 

そして・・・・・

無賃乗車はダメ絶対!!!!!!

 

出典:無賃乗車の学生「いくらっすか?」 JR車掌が胸ぐら掴み一喝「言葉遣いに気をつけろ!」痛いニュース

車掌が学生の胸ぐらつかんで暴言 切符巡りトラブル、JR謝罪(福井新聞ONLINE 3/17(金) 8:38配信)

 

 

福井市経田にあるバッグ・雑貨のお店「WORK-SHOP YUSHI」

この記事をシェアする