はじめましてハタです。突然ですが「福井は遊ぶ所が無い」は、嘘

皆さんはじめまして。ハタと申します。

最初の記事なので普通に自己紹介でもしようかと思ったのですが、

折角ライターになった事だし、読んだ人の心に少し残るような物を書きたいと感じました。

そういう訳で、今日は私がどういった人間なのかという事を随所にさりげなく挟みつつ、

福井についての自分なりの考えを書こうと思います。

若い世代を取り巻く閉塞感

よく耳にするのが、「毎日が仕事と家の往復で、これといって趣味も無い」という話。

学校を卒業し、就職してからは友人達とも疎遠になり、週末は行くあてがあるわけでもなく家で大人しくしている、

目ぼしいイベントも無いし、新しい人との出会いの場所も見当たらない。

これ、結構あるあるなのではないでしょうか?

おそらくそういった現状を打破したいと感じて、こういった地域ポータルサイトを見に来られている方も多いと思います。

友人は多いけど遊ぶ場所が全然無いよ!というのも聞きますね。

確かに福井は都会とは言い難いです。施設的な面を言えば少ないですね。

それでも、全然遊べると思います。

結論から言うと、

何らかのコミュニティに所属して下さい。要はサークルみたいな物です。

かつての学友とたまに連絡を取り合う事があるのですが、

私が毎週末何らかのイベントに参加している事に対し、

「よく福井に居てそんなに毎日遊べるもんだなぁ」と感心したような口ぶりでした。

私自身がサークルを4つ掛け持ちしてるというのもありますが、ほぼ毎日何らかのイベントに顔を出しています。

 

イベントといってもそのサークル内でのバーベキューや飲み会、又はお店の催し物ですが、割と充実出来てるんじゃないかなーと感じています。

さて、そういうコミュニティはどのようにして探すのか、少しずつ説明して行きます。

探し方

まず、個人経営のカフェに行きましょう。

チェーン店ではなくて、個人がやってる小規模で若い人が来そうなカフェです。

カウンター席に座り、空いてる時間を狙ってオーナーに話掛けてみて下さい。

「面白いイベント知りませんか?」でも良いし、「何かやってるコミュニティを知りませんか?」等。

いきなりコミュニティを紹介してもらうのは難しいとは思いますが、

カフェってその近辺の情報屋に等しいので何らかのイベントの情報は握っているとは思います。

そういうイベントに参加して、人との繋がりが出来る事がよくあります。

今日日ネットを使わず探すんかい

出来るけど難しいですね!ネットで簡単に見つかるなら「福井は遊ぶ所が無い」なんて言われないと思います。

フクブロも含め、ポータルサイトで探すのも有効的ですが全ては網羅しません。

他の県は知りませんが、福井は小さなコミュニティやイベントが数多くあります。

そしてその殆どが、「人は来てほしいけど来すぎると対応し切れない」というスタンスです。(あくまで私の見て来た物だけの話ですが。)

ネット上にあるけど広告が店頭かお店のFacebookページだけとか、サークルメンバー募集の連絡は地域掲示板のみ等。

ネットにあるはあるのですが、結局足使って人に聞き込みをして、というような泥臭いやり方が一番効果的でした。

少しだけ自分の話を

ここまでの内容を見て、「人見知りの自分には無理だ」という感想を持たれた方も居るかと思います。

かくいう私も似たような物で、少し前まで交友関係の一切を遮断してひたすら自室に籠って好きな音楽を聴き続ける時期がありました。

元から人付き合いを苦手と感じていたので、自然とそうなったのかなと思います。

3年程、そういうインプットの時間に充てました。

当時の私にはそういう時間が必要だったとは思いますが、流石に3年は長過ぎですね。

とにかく、そういう人でも自ら行動を起こせば環境を変える事が出来るという事です。

最後まで読んでくれてありがとうございました

今回の記事はどう感じましたか?ちょっと重たい話でしたが・・・。

冒頭にも書いた通り、施設や機会の事を言えばそりゃ少ないだろうなとは思いますが、それでもその気があれば見つけられますよ。

何より、福井に住む若者が福井を見限ってしまうのは悲しい事だと感じます。

私もライターとして出来る限りそういうイベントなどを、発見、紹介することで、

似たような思いを抱く人達の手助け出来たらいいなと思っています。

又、私は酒好きなのでお酒関連の記事が多くなるとは思いますが、

お酒とはまた別に「これは!」と感じた物があればどんどんピックアップしていくつもりです。

それでは!

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

ハタ

お酒のある所には人が集まり、お酒を通じて親睦を深め合える。お酒にはそういった人と人とを繋ぐ作用があると考えています。ただ飲んで美味しいで終わりではなく、お酒にまつわる人や物、イベント、福井の蔵元といったような、お酒を介した拡がりや魅力といった物を紹介していきたいと思っています。