[金佑龍]FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #33の時間です。

福井で音楽イベントFINE SONGをオーガナイズしてる

私ヤナショーがお届けします。

2月は風邪ひいたりなんやかんや

でちょっとお休みしてましたが、

またぼちぼち更新してきます。

本日も最後までおつきあいどうぞ宜しく。   

金佑龍

IMG_0153

本日も2015年11月に開催した FINE SONG vol.10のレポートをお届けします。

前回レポートしたTRiNKA FiVEのライブ途中でHALL BEEを後にして、

Bar Jake に向かいました。

Jakeステージ・トリの金佑龍のライブが始まってました。

会場に入ると、ライブ中なのにお酒を注文し

グラスを持っている客さん多数。

例のアレをしたのかなと思いました(笑。

となるはずが、

IMG_0155

そしてどんどんライブは進んで、となるはずが、

ギターの弦が切れてしまい中断。

「すんません。マスター、これ貸して下さい。」

と急遽、ステージに飾ってあったグレッチでライブ再開。

ファンの方にとってはレアな写真です。

内心「そんな、いきなり触ったギターで大丈夫なのかな?」

と、思ったらさっきまで使っていたかのように、

ギターを弾き倒してライブが続きました。

MCもとことんくだらない事を喋り倒してて面白かったです(笑。

ナイトクルージング

IMG_0161

2ndアルバム「ling lom」にも収録されている

フィッシュマンズのナイトクルージングのカバーを披露。

圧巻の一言でした。

See you letter …

IMG_0167

本編終了後にはすぐさまアンコールへ。

カットマン時代のセルフカバーで、

1st album 「Live In Living」に収録されている

「See you letter …」を披露。

ライブでお馴染みのアレ

IMG_0169

曲の終盤ではウリョンさんのライブでお馴染みのアレを。。。

客席もみんなコブシを挙げて歌っていました。

会場がひとつとになって盛り上がったとこでライブ終了。

ウリョンさん、熱いライブをありがとうございました!!

 

そして金佑龍くん!! 最高だわ♬

@notoriousmakotoが投稿した写真 –

当日、私は手伝ってくれたスタッフの送迎担当だったので、飲めなかったのです。

一応主催者なのに、結果的に出演者を何人か送迎しました(笑

の み た か っ た。。。

ウリョンさんの今後のライブ・リリース情報などは、

サイトをチェックしてみて下さい。

http://kim-wooyong.com/

Pora Pora

Pora Pora (金 佑龍と東横方面Version)

〜Recording One Man Live@横浜thumbs up〜

タバコジュースの脇山さんがドラムを叩いてる

この動画も好きなんですよね〜。 

 

タバコジュースのダイヤモンドという曲は名曲。

佑龍 金さん(@kimwooyong)が投稿した動画 –

 

そんな脇山さんのバンドの名曲です。

セカイイチがカバーしてるのverもいつか聴いてみたいです。

#活動休止悲しい 

ライブ後の打ち上げ

IMG_0177

ライブ後の打ち上げは、大変ゴキゲンな夜になりました。

いやぁ〜。学生のノリは凄かったです。

改めてありがとうございました。

今回でイベントレポシリーズは完結です。

お付き合い頂き本当にありがとうございました。

フクブロ関連記事 

FUSIC TIME #21「FINE SONG vol.10 終了!!

FUSIC TIME #22「[fu-low hi-lows] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #23「[×84] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #24「[into the V] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #25「[高橋隆造] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #26「[vivid branch & NOTORIOUS ROCK] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #27「[taninoma] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #28「[eika & 石森久雄] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #30「[f4-high] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #31「[オクノシゲヒコ] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #32「[TRiNKA FiVE] FINE SONG vol.10 レポ

FUSIC TIME #33「[金佑龍] FINE SONG vol.10 レポ

いかがだったでしょうか?

本日のFUSIC TIME

ここまでのお相手はヤナショーでした。

それではまた。  

Kim Wooyong / 金 佑龍(キム ウリョン) プロフィール

K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を目指す旅する酔いどれ吟遊詩人。

2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し

2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、

John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.Aや

FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。

cutman-boocheを解散後、2011年中旬からギター片手に日本中旅をする。

2013年6月19日に2年半の沈黙を経て

ソロ名義で初のAlbum 「Live in Living」をリリース。

同年10/23にはSOULの伝道師45率いる45トリオ

【45 a.k.a. SWING-O(Key)、Sunapanng(Bass)、久保正彦(Dr)】との

コラボアルバム「キム・ウリョンと45トリオ」をリリース。

2014年6月11にFISHMANSの名曲『ナイトクルージング』を

12インチアナログレコード+CD封入の形式で

FLAKE RECORDSの全面協力で全国リリース。

2015年7月1日に2nd full album「ling lom」をリリース。

口コミを中心にじわじわ各地でリアクションの輪が出来てきている模様!!!

ふわりふわりとヒリヒリの中にメランコリック、トラディショナル、オーガニック

サーフミュージック経由の音遊びその隙間に入り込むループサンプリングに

人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。

何処かの誰かに似てるようで何処の誰にもないオリジナリティー。

時々3人?6人編成で 全国を絶賛好評行脚中!

トムウェイツとチャーリーチャップリンと山田かまちに憧れ

ラムとウイスキーと落語が大好物である。

一方、自身のsessionBAND型プロジェクトPAHUMA名義と

BIGNOUN名義で河原真(ROCK’A’TRENCH)脇山広介(tobaccojuice)中嶋康孝(スピカ)と結成し活動を始める。

金 佑龍 Official Site

金 佑龍フクブロ関連記事

BIGNOUN Official Site

ライブ会場

Bar Jake

施設名 Bar Jake
住所 福井県福井市順化一丁目10-9ドリームタウン2F
営業時間 20:00-5:00
メール bar_jake_shinji@yahoo.co.jp
TEL 090-4167-2735
定休日 月曜日
駐車場 なし※近隣のコインパーキングをご利用下さい
最寄り駅  JR福井駅 / 福井鉄道・市役所前

 

FUSIC TIME archive

http://fukublo.jp/tag/fusictime/

イクラボ

この記事をシェアする