THREE DOG / FINE SONG クイックレポート

FUSIC TIME #65の時間です。

こんにちわ。

音楽イベントFINE SONGをオーガナイズしてる

私ヤナショーがお届けします。

さて、本日も最後までおつきあいどうぞ宜しく。

FINE SONG vol.11 レポート

intro_02

本日も前回から引き続き、

FINE SONG vol.11の模様をダイジェストでお届けしてます。

イベントの裏側も交えてレポートできたらと思います。

Don’t miss it !!

LAKUYAの4番手 THREE DOG

THREE DOG 福井大学医学部M-ROCK後夜祭2016 (LOSALIOSコピー)

LAKUYAは、前々回レポートした×84に続きTHREE DOGが登場。

昨年開催された北陸3県の大学・軽音サークルの甲子園。

ROCK F.I.T2015での優勝も記憶に新しい

医大M-ROCK所属・LOSALIOSのコピーバンドです。

今回、FINE SONG初登場。

THREE DOG – ライブスタート

img_2319

予定時刻の20:00にライブスタート。

本家LOSALIOS同様、爆音が唸ります。

歌が無い分、音をぶつけあう変幻自在のサウンドが

ジャムバンドの醍醐味です。

ストラトギター祭り

img_2316

個人的にテレキャスのフォルムが好きだったんですが、

この日のイベントは、ストラトユーザーが多く。

THREE DOGもギタリストはストラトを使ってました。

ストラトもカッコいいなと思いました。

まぁ、自分が弾かないから見た目の好みだけで、

好き勝手言えます(笑

「ストラトも好き」って書くと永野みたいですね。。。

まるで格闘技

全編ギターソロと言わんばかりの超絶なギター。

それに負けんとばかりにリズム隊が音をぶつけます。

ドラムもバカスカとごキゲンに叩きまくって、

ベースもゴリゴリの爆音で迫力でした。

初めてライブ観た時あまりの爆音に衝撃が走りました。

爆音ですが一音一音が丁寧。

バンドの呼吸も合っています。

どれか一つだけ浮いてるとかじゃなく、

3人で1つの音になってました。

ほんと無敵ですよ。

もしもSAXが吹けたなら

もしSAXが吹けたなら飛び入りで乱入してたのですが(笑

高校の吹奏楽部の時に管楽器にチャレンジしてみて、

全然音が鳴らずに2時間ほどで挫折した私です。

管楽器って音鳴らすまでが大変なんですよね。

ドラムは叩くと音が鳴るので好きです(笑

誘ったキッカケ

軽音サークルに入ってると学外でのライブが少ないと思うので、

ライブハウスの敷居があまり高くならず、

学外の人にも知ってもらうキッカケになったらなと思ってました。 

音楽好きに年齢の差ってあまり関係ないので、

うちらみたいな大人とも仲良くして下さい。

地味にゆるい

MCもしなくぶっきらぼうに次の曲へ。

と思ったらほどよくMCしてました。

夏フェスに出るバンドだったら

「やれんのか?お前ら!!」

とお客さんを煽るのですが、

「今日こんなことありました〜」的なトークでした。

丁度2階の楽屋に行った時だったからじっくり聞けなかった。。。

今回のイベント出演にあたりメンバーに挨拶した時に、

ステージでのパフォーマンスとは違い、

ほどよくゆるくて更に衝撃が走りました(笑

勉強も頑張って下さいー。

お馴染みの次郎吉

uchiage

打ち上げでもじっくり喋れて良かったです。

楽しすぎてちゃんと撮れた写真ない(笑

それか、酷い写真が多い…

ありがとうございました!!

intro

THREE DOGのみなさん、今後もよろしくお願いします。

メンバーそれぞれが、オリジナルバンドでの活動も始めたみたいで楽しみです。

大活躍するのを待っています(奥田民生「人の息子」)

夏、本物のロザリオスに。

fusictime46

ここからはボーナストラック的な話。

トーキョースカジャンボリーvol.6 レポ PART2

8月にレポートしたスカパラフェスの時に

ロザリオスのメンバーのGt加藤さんとDr中村さんに遭遇しました。

Gt加藤さんは舞台袖でニコニコしながら他の出演者のライブを見てて、

Dr中村さんはケータリングのスイカにかぶりついてました。

ん?スカパラフェスと福井って関係あるの?

fusictime43

って方は、コチラの記事を

トーキョースカジャンボリー vol.6 に福井のバンドSKALAPPERが出演決定!!

今年、2016年8月に開催されたスカパラ主催のフェスに

福井のバンドSKALAPPERも公募バンドの枠で出演したので、

私もスタッフとして手伝いに行って来たんです。

迷わないでそのままでいい 素直に思い続ける

「ダンディライオン」BLANKEY JET CITY

ロザリオスは活動休止中なんですが、リーダーでDrの中村さんは、

The Golden Wet FingersMANNISH BOYSで活躍してます。

遡ると16年以上前に、BLANKEY JET CITYというバンドで活躍していました。

名曲沢山ありますが、個人的にこの「ダンディライオン」って曲が好きです。

当時、ブランキーとしてはかなり異色な楽曲だったのですが名曲です。

「迷わないでそのままでいい 素直に思い続ける」

最後のこの1節に感化されて信念を持つことを大事にしてます。

そして、こうしてイベント続けてるとこあります。

イベント クイックレポート

FUSIC TIME #59「Dig Me Out / クイックレポート

FUSIC TIME #60「My Privilege / クイックレポート

FUSIC TIME #61「inception / クイックレポート

FUSIC TIME #62「taninoma / クイックレポート

FUSIC TIME #63「×84 / クイックレポート

FUSIC TIME #64「soratobiwo / クイックレポート

FUSIC TIME #65「THREE DOG / クイックレポート

FUSIC TIME #66「f4-high / クイックレポート

FUSIC TIME #67「The Clarity / クイックレポート

FUSIC TIME #68「Nicetime Workerz / クイックレポート

いかがでしたか?

ここまでのお相手はヤナショーでした。

まだまだFINE SONGのクイックレポートは続くので、

バスや電車等の待ち時間や仕事・バイトの休憩時間。

そんな合間にでもチェックして頂けると嬉しいです。

それではまた。 

FUSIC TIME archive

http://fukublo.jp/tag/fusictime

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

ヤナショー

2015年4月からライターの仲間入りしたヤナショーと申します。 FINE SONGという音楽イベントやってます。 ビールも蕎麦もラジオも好き、福井在住メガネ男子です。 福井の色んな音楽を紹介させて頂きます。