【お散歩】太陽を浴びて体を動かすことはとても大事【in西山公園 嚮陽庭園】

こんにちは、ねことかげです。

大好きなKAT-TUNのライブDVDが発売されて以降謎のソワソワが止まりません助けてください。

さて、県内でも外出自粛要請が出て私も仕事と買い物以外は極力外出しないようにしていますが、そうするとどうしても募ってしまうイライラとモヤモヤ。

友達と遊びに行くこともできないし天気がいい日が続くのに家にこもって何をしているんだろう。

そんな時ニュースやSNSで「人が集まる場所を避け感染防止をしたうえでの運動や散歩はOK」という情報をキャッチして、久しぶりに少しだけお洒落をしてマスクをばっちりしてお散歩に出かけました。

今回は鯖江市にある西山公園の東に位置する嚮陽庭園に行ってきたので、個人的におすすめのルートやスポットを紹介させていただきます。


嚮陽庭園(きょうようていえん)

動物園などがある西山から国道416号線をまたいで架けられた西山橋で繋がっている東山(通称 嚮陽庭園)。

鯖江藩第7代藩主 間部詮勝(まなべあきかつ)によって作られた西山公園は当時嚮陽渓(きょうようけい)と呼ばれており、そのことから嚮陽庭園という名前がつけられたそうです。

春には桜や藤の花・夏頃には菖蒲・秋には紅葉など、日本の美しい四季を全身で感じることのできるスポットです。

お散歩始めるわよ~

西山公園には駐車場がいくつかありますが、私がよく利用するのは冒険の森駐車場

パンダらんどなどがある冒険の森の真下にある駐車場で、武生方面から来られる場合は特に入りやすく出やすいのでおすすめです。(冒険の森は当面の間休止となっていました)

車を停めたら駐車場内にある階段を上って西山橋へ。

今回は一気に上まで登って、中段の庭、上段の庭、北の庭のルートを歩いていきます。(わかりづらくてすみません…)

松堂庵

登り始めて最初に現れる休憩所、松堂庵。

時代劇などで出てくるお団子屋さんのような松堂庵では茶道体験が不定期で開催されており、気持ちのいい空気の中でおいしいお茶を楽しむことができます。(現在は休止しています)

松堂庵からの景色。実写版るろ剣にこんなシーン無かった?()

上段の庭 日本庭園

さらに足を進めて上段の庭に着くと、中心に池がありその周りを回遊できるいわゆる池泉回遊式と呼ばれる庭園が登場。

これはもう…見事…。

山のてっぺんにあるので涼しい風が吹いており、ここまで登ってきてジワジワ噴き出ている汗がひいてとても心地いいです。

広い池には色鮮やかな錦鯉たちが優雅に泳いでいて時間を忘れて眺めていられます。

錦鯉飼いたい…。

上段の庭で心ゆくまで休憩したら北の庭に向かって下山していきます。

下りの階段はあまりしっかり舗装されておらず木に囲まれて木漏れ日が気持ちいい素敵な空間ですが、足場が悪かったり段差が高かったりするので注意して下りましょう。

こんな感じの景色、実写版るろ剣ry

北の庭 藤棚・花菖蒲園(ふじだな・はなしょうぶえん)

木々に囲まれた階段を下ると北の庭に着きます。

ベンチのある個所には藤の花が、池の周りには菖蒲の花が植えられており、4月~7月にかけてそれぞれ見ごろを迎えます。(藤の花、茎とか葉っぱとか見えなかったけど咲くのかな?)

この北の庭、東山の中で私が一番好きな場所です。

上流には小さな滝があり、水の流れる音や鳥の鳴き声を聞きながら池にいる錦鯉を眺めながらぼーーーっとしているのが好きで、この日も気づいたら30分以上ここにいました。本当に落ち着きます。

さいごに

たくさん歩いた後のクリームソーダ。たまらん。

今回は西山公園 嚮陽庭園の個人的おすすめお散歩コースの紹介をさせていただきました。

久しぶりにしっかり日の光を浴びて動いて、少しだけ気分が晴れた気がします。やっぱり自然は偉大だ。

なるべく家の中にいようとするとどうしても運動不足になってしまったり体調がイマイチ優れなかったりするかもしれません。

外に出て太陽の下で体を動かすことも大事ですが、現状を見てなるべく「おうちにいよう」を取り組んでくださっている方の気持ちを少しでも和らげることができたら幸いです。

施設情報

施設名称 西山公園 嚮陽庭園
住所 〒916-0024
福井県鯖江市長泉寺町 1-10
HP 鯖江公式観光サイトさばかん

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA