福井県の道の駅はいくつある?新道の駅「南えちぜん山海里」が10月にオープン

道の駅とは日本各地、各自治体に造られている「休憩」と「地域振興」を目的とした場所です。具体的には以下の目的により、各県にいくつかの道の駅が置かれています。

  • 24時間休憩できるスポット、無料で利用できるトイレスポット
  • 道路情報や地域情報などを発信するためのスポット
  • 地域の情報発信や観光、レクリエーションのためのスポット

日本では道路も自家用車も増え、仕事やレジャーで自家用車を利用することが当たり前になっています。

福井県にももちろん道の駅があります。

今回の記事では福井県内の新たな道の駅をいち早く紹介すると共に、福井県内の道の駅の件数なども説明していきます。


福井にある道の駅の件数は?

福井県には2021年9月現在17の道の駅があります。

恐竜のシンボルがある道の駅や標高が高いところにある道の駅など、どの福井県内の道の駅も地域色を出している面白スポットです。もちろん観光客にも「福井を感じられる場所」「お土産を手軽に買える場所」「福井グルメを味わえる場所」として道の駅は人気がありますが、福井県民にとっても買い物スポットやちょっとした休憩スポットとして人気がありますよね。

福井県内には令和3年の秋に新たな道の駅が増えることが決まっています。

新しく増える18番目の道の駅の名前は「南えちぜん山海里」です。

福井の新道の駅「南えちぜん山海里」とは?

南えちぜん山海里 ホームページ引用

福井の新しい道の駅「南えちぜん山海里」は南越前町に2021年秋オープン予定で準備が進められています。

2021年夏の段階で準備している道の駅がどのようなものになるのか確認可能です。

南えちぜん山海里は3階建ての道の駅で、観光客と福井県民どちらにとっても楽しい道の駅になるよう設計されています。

お蕎麦や日本酒バル、福井の海鮮料理などを扱う飲食店のエリアの他、道の駅に付き物の物販エリアもあります。福井と言えば海産物や日本酒、農作物といろいろな特産品がありますから、お土産を購入するスポットとしても期待できますよね。物販や飲食エリアは道の駅の2階フロアになる予定です。

道の駅の1階はエントランスの他、研修スペースや観光案内などが設置される予定になっています。

そして、気になる3階には道の駅の特徴になる「面白いもの」の設置が予定されています。

道の駅「南えちぜん山海里」の3階には滑り台!

南えちぜん山海里 ホームページ引用

道の駅「南えちぜん山海里」の3階には滑り台のあるキッズスペースが準備されています。

キッズスペースや滑り台自体は特に珍しいものではありませんが、道の駅「南えちぜん山海里」の滑り台は一味違うのです。何と、3階の長い滑り台から道の駅の側に広がる公園にアクセスできてしまうという面白仕様。ロング滑り台で3階から遊び場である公園へ一直線ですから、お子さんが大喜び間違いなしです。

公園には他遊具なども設置予定なので、お休みの日に「子供をちょっとしたレジャーに連れて行きたいな」というときに有用なスポットになるのではないでしょうか。

道の駅なので飲食スペースなどもありますので、昼食がてらお子さんを遊ばせられる道の駅になっています。面白いですね。道の駅でもファミリー層に優しいタイプと言えるかもしれません。

福井の道の駅紹介の第一弾として、新しくできる「南えちぜん山海里」をご紹介しました。今までの福井の道の駅にはないタイプなので期待できるのではないでしょうか。

ぜひ家族連れで遊びに行きたいスポットですね!

南えちぜん山海里 施設情報

施設名称 南えちぜん山海里
住所 〒919-0203 福井県南条郡南越前町牧谷39-2-2
営業時間 7:00〜22:00
TEL 0778-47-3690
HP https://kineno-nanjo.com/

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA