【レポート】Mt.Paiot’s – SKALAPPER × 響のホール 主催ライブサーキットイベント「LOCAL SOUND CALLING 2017」 [2017年5月20日(土)@福井駅周辺3会場]

FUSIC TIME #109 の時間です。

こんにちわ。

音楽イベントFINE SONGを企画してる

デザイナーでドラマーの私ヤナショーがお届けします。 

最後までお付き合いどうぞよろしくお願いします。 

終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のために

福井在住の作家 宮下奈都さんの作品「終わらない歌」を読了。

以前、紹介した「よろこびの歌」の続編。

タイトルから察する通り、ブルーハーツの「終わらない歌」がモチーフになってます。

作中では「これエルパじゃないかな?」と、福井を連想するシーンも登場します。

宮下さんについては、ナオヤ編集長が紹介しています。

2016年本屋大賞受賞、福井出身の宮下奈都さんについて調べてみた

気になった方はぜひ書店・図書館へ〜。

宮下奈都 フクブロ関連記事

宮下奈都 Twitter

Mt.Paiot’s

本日は、5月に開催されたSKALAPPER・響のホールの共催イベント

LOCAL SOUND CALLING 2017のレポートをお届けします。

自分もスタッフでお手伝いしてたので、すべてのバンドのレポートは無理でも少しずつレポートします。

ということで本日は、Mt.Paiot’sのレポートです。

LOCAL SOUND CALLING ウェブサイト

LOCAL SOUND CALLING フクブロ関連記事

SOUND STAGE(ホールビー)リハーサル

開演前のホールビーでのリハーサルの写真です。

一般的にはあまり馴染みがないと思いますが、ライブの時は本番前にこうしてセッティングしてリハーサルをします。

出演者は細かな音量の調整をこの時にします。マンドリン、ウッドベース、バンジョー、アコーディオン、エレキギター。

と、ホールビーのステージに収まり切らない位の楽器が揃います。圧巻。PAさんとも緻密にサウンドチェックをしてリハ終了。

HALL BEE ウェブサイト

HALL BEE フクブロ関連記事

会場 オープン

リハも終わり準備も整ったところでオープン!!この日は、天気が良かったので気持ちよかったです。

そんな天気の相乗効果もあってか、ビールはすぐに完売しました。

昼から飲んで好きな音楽聴いたら、そりゃぁ楽しいですよね〜。

SOUND STAGE トップバッター

Mt.Paiot’sは、SOUND STAGE(HALL BEE)のトップバッター。 

フロアーでは「体力温存」という言葉は皆無のようで、体を揺らしたり時に拳を挙げながら楽しんでいました。

SNSでの反響

 

 

 

あっという間に約30分のライブが終了。いやぁ、最高の時間でした。

そしてライブ終演後、なぜかメンバーの方に「さっきセブン行ったらくじで当たったんでこれ上げます。」

となぜかお酒の差し入れ頂きました(笑 ありがとうございます。

Mt.Paiot’s プロフィール

石川県金沢市を中心に活動するラスティック・ストンプバンド、Mt.Paiot’s(マウンテン・パイオッツ)

10年ぶりの待望の全12曲収録のセカンド・フルアルバム「We are …」2016年7月にDIWPHALANXより発売。

ラスティックの基本形(ヴォーカル、ギター、ウッドベース、ドラム、バンジョー、マンドリン、アコーディオン)のバンド編成

定番Cow-Punkスタイルをベースにしながらも、ネオロカビリー、80’sサイコビリー

メタル、ハードコア等からの影響も多大に感じさせる幅広い独自のミクスチャー・サウンドを展開。

Mt.Paiot’s web site

Mt.Paiot’s フクブロ関連記事

2年前になりますが、私が企画してるイベントFINE SONGにもギターのシゲさんがソロで出演してくれました。

その時「グレッチのギターを探しててー」と言ってたのですが、今メインで使ってるグレッチがカッコいいんですよね。

そんなシゲさんのブログもあります。合わせてチェックお願いします。

オクノシゲヒコ web site

オクノシゲヒコ フクブロ関連記事

LOCAL SOUND CALLING 2017、THE KICKBACKS レコ発ツアーレポ

まだまだつづきます

ホールビーのオープン前に撮ったベーシスト同士の1枚。 

左は今年のLSC2017 にも出演したThe unglazed vo & ba けんしん

右はスタッフとして手伝いしていた空想科学TVのBa ゴリ

LOCAL SOUND CALLING ウェブサイト

LOCAL SOUND CALLING フクブロ関連記事

いかがでしたか?

ここまでのお相手はヤナショーでした。

それではまた。 

この記事をシェアする