【企画展】あみきゃらと精巧な建築が織りなす鯖江の街並み(〜3/8まで)

なうい
今年の冬はどこにいっちゃったの〜

あったかくなったと思ったら寒くなる最近の気候についていけないなういです。こんにちは!

今日は現在鯖江市の西山公園の近くにある「まなべの館」で開催されている企画展、あみきゃら×文化遺産ジオラマ展「あみキャラタイムスリップ!?」をご紹介します〜!


イベント概要

イベント名 あみきゃら×文化遺産ジオラマ展 「あみきゃらタイムスリップ!?」
場所 鯖江市まなべの館
住所 〒916-0024 福井県鯖江市長泉寺町1丁目9−20
駐車場 あり
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)・祝日・年末年始
観覧料 個人:大人100円 小人(小・中学生)50円
団体:大人 50円 小人(小・中学生)30円 ※20人以上で団体となります。

観覧料100円を払って通行手形をもらいます。いざあみきゃらの世界へ!

あみきゃら×文化遺産ジオラマ展

この企画展は、「あみきゃら」作家として活動する田賀美智代さんご夫妻によるあみぐるみねこの作品が展示されています。

今年のテーマは「鯖江の文化遺産」。鯖江の指定・登録文化財や地域に基づく伝統行事や懐かしい鯖江の街並みがジオラマによって精巧に再現されています。

話には聞いたことがあり、去年もいこうとしたのですがタイミングが合わず、、、。ようやく見に行けました!

個性豊かなあみキャラたち

展示は2部屋に分かれており、一つは鯖江の昔の街並み(実際にある店舗がでてきます!)、もう一つは伝統行事や文化財がジオラマとあみキャラ達で再現されています。

ようく見るとあみきゃら1体1体に個性があることがわかります。同じ子がいない、、、!

屋根の上でお月見している子がいたり、細かなところまで見てみると面白いですよ〜。

昔の街並みを再現したジオラマ

この見事なジオラマは古建築のジオラマを得意とする田賀勇治さんにより作られました。

写真だけではなかなか伝わらないんですが、実際に見ると精巧さにびっくりします、細かな作り込みがすごい、、、!

障子に映るネコのシルエットがなんとも可愛らしい。

この街並みは、実在する店舗や建築物で構成されています。

この鯖江の呉服店、まるよさんは以前振袖を見繕っていただいたお店だったりして、なんだか感動しました。

鯖江の昔の街並みも飾られていました。写真をみて、ジオラマをみて、昔の鯖江の街並みと人々の暮らしに思いをはせました。かわいいあみキャラを見るだけでなく、自分の住む街のことを知るいいきっかけになる企画展だと感じました!

おこさんと一緒に、家族と、友人と一緒に是非いってみてはどうでしょうか〜!

イベント概要

イベント名 あみきゃら×文化遺産ジオラマ展 「あみきゃらタイムスリップ!?」
場所 鯖江市まなべの館
住所 〒916-0024 福井県鯖江市長泉寺町1丁目9−20
駐車場 あり
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)・祝日・年末年始
観覧料 個人:大人100円 小人(小・中学生)50円
団体:大人 50円 小人(小・中学生)30円 ※20人以上で団体となります。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA