福井市にあるスペシャルティコーヒー専門店|EnzoCoffee(エンゾコーヒー)

こんにちは、ナオヤ(@tsubota708)です。

最近、カフェと蕎麦屋巡りが日課になりつつあります。

今回行ったEnzoCoffee(エンゾコーヒー)さん、なぜ今まで行かなかったんだろうという感じ。

店長さんにもお話を聞くことが出来たので、いろいろ魅力を伝えれたらと思います。


EnzoCoffee(エンゾコーヒー)

店長さんと話する時間をいただいたので、豆についてや、お店の成り立ちなどいろいろ教えてもらえました!

「店名の”Enzo”ってどこからつけたんですか?」と、気になったので聞いてみました。

もともと店長の西野さんは車関係の仕事をされていたそうで、当時の会社の名前は”ガラージュエンゾ”、エンゾとはフェラーリのエンツォ(Enzo)からインスピレーションを受けたそうです。
現在カフェとしてのEnzoCoffee(エンゾコーヒー)はその名を継ぐ感じで名付けられました。

店長の趣味でもあるサーフィンもいろいろ教えてもらいました。
店内にボードがあったんですが思ったより大きくてビックリしましたw

豆は現地まで買い付けにいっているらしく、メキシコ、グァテマラ、ホンジュラスなど、各地を回っているそうです。

オープンしてから16年もたつそうで、何故今まで行ったことなかったんだろうといった感じです…。

ここからは、店内の様子とメニューなどをご紹介していきたいと思います。

店舗紹介

場所は福井市西谷、両サイドは民家になっているので、見逃してしまいそうですが、EnzoCoffee(エンゾコーヒー)の看板があるので近くに来たら看板を探してみてください。

店の前には4台ほど駐車場があります。4人とかで来る場合は乗り合いとかの方がいいかもしれませんね。

上の写真に写っているところが店舗の入り口です。
(自分間違えて家の入口の方行っちゃいました…)

エントランスが飛び石になっててるのもかわいい、入口周りにも緑があり爽やかな感じがしました。

店内に入ると、テーブル席が4つ、カウンター席も数席でしたがありました。

行った時には丁度常連さんぽい方がカウンターに座っていました。

カウンターには購入できるコーヒー豆が置いてあります。

豆ごとに「苦味・香り・酸味・甘み」が5段階評価で紹介されています。
好みの豆が分からない場合、聞いてみてもいいかもしれません。

店内には、ギフト用の商品もありました。

丁度お盆休み最終日に行ったので、ほとんど売り切れてしまってたみたいです。

手土産として購入される方が多いそうです。

珈琲やフード

メニュー表撮影したんですが、ボケて見えづらいので1枚目だけ載せておきます。

ドリップコーヒーや各種エスプレッソ系のコーヒーがあります。

ベーグルやチーズケーキなどのフードメニューもありました。

いろいろ頼んだので紹介していきます。

アイスモカ(550円)頼んでみたんですが、飲みやすいスッキリとしたモカだなーという印象。珈琲苦手って人でも飲めるんじゃないかな。

自家製ベーグル ハムエッグ(550円)を食べてみました。

パンももちろん美味しいんですが、中に挟まれている具材が結構大振りで満足。

チーズケーキ(450円)はオープン当初からの定番メニューみたいです。

チーズが濃厚なのがおいしい、添えられてるクリームと一緒に食べるとまた違った味になる。

最後に

近年、福井県でもいろんなところでスペシャリティーコーヒーのお店が増えてきたなと感じています。

店舗ごとに焙煎の仕方や、店内の雰囲気などで、それぞれ違ったコーヒーを楽しめるようになったのはいいことですね。

今回、老舗といえるエンゾコーヒーさんに行けたのはよかった。

福井のコーヒー界隈の話も聞けて面白かった。またいろいろ巡ってみたいと思います。

店舗情報

店名 EnzoCoffee(エンゾコーヒー)
住所 福井県福井市西谷1-1520
営業時間 10:00~19:00(18:30LO)
連絡先 0776-33-5400
定休日 月、第2火曜(祝日の場合は営業、翌日休)
web Enzo Coffee

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です