福井が誇る「養浩館庭園」でお茶席体験!

井戸

こんにちは、トモコです。

突然ですが、みなさんは世界に誇れる庭園が福井にあることをご存じでしょうか。

入口

名勝「養浩館庭園」

「名前も場所も知っているけど、実は行ったことがない・・。」という方も少なくないのではないでしょうか。(実際、私の周りに聞いたらそういう返事が多く返ってきました。)

日本の三大名園といえば、石川「兼六園」・岡山「後楽園」・茨城「偕楽園」ですが、福井の「養浩館庭園」も、実は以前より世界で称賛を受けています。

ランキング?!

アメリカの庭園専門誌「Sukiya Living Magazine」という雑誌が毎年庭園ランキングを発表しており、2014年は養浩館庭園が日本庭園全国5位に選ばれております。

初めてのランクインは2007年。その翌年2008年には3位となり、2010年まで3年連続3位に選ばれていました。

評価項目

歴史性や知名度、規模で判断されるのではなく、日本各地の庭園を日米豪の専門家が訪れ、庭そのものの美しさ、上質な時間を過ごせる空間か、建物と庭園の調和、利用者への対応を基準に総合的に判断されているそうです。

2014年5位の養浩館庭園は、「建築の素晴らしさ」「建物と水との親和性」「予約や時間制限がなく気軽に利用できる」などが評価されたということです。

※(参考)2014年のランキングは1位「足立美術館(東京)」2位「桂離宮(京都)」3位「山本亭(東京)」4位「京都平安ホテル(京都)」となっている

 5月17日(日)は無料公開日でした

毎月第3日曜は無料公開日。(恐竜博物館などもそうですね。)

赤い みどり 井戸

まず瞬間にグリーンの強さが目に入ってきました。5月の素晴らしい気候が気持ちよく、ところどころ赤いさし色がはいった木々とのコントラストが綺麗です。そのまま歩みを進めると池などがあり徐々に全貌が。池の水面もゆらゆらとしてそれだけで癒されているのがわかりました。中心に位置する邸に入ると畳のいい香りと懐かしい雰囲気に心ゆったり。池には鯉も泳いでます。

電気 光

本格的なお茶席体験!

ここの見どころのひとつがお茶席体験です。目の前でお茶をたててくれ提供されます。和菓子つきで1席500円。最近では外国人のツアー客も多いそうです。チケットは受付で購入できます。

お菓子 抹茶

今年度は11月末まで予定されており、それぞれ異なる流派の方々が日により煎茶、もしくはお抹茶にて提供してくれます!ぜひHPでスケジュールをチェックしてお出かけください。もちろん作法をわからなくても楽しめますよ!(わたしもまったくの素人です笑。)

現在、早朝無料開放中!

現在10月末まで早朝無料開放も行っています。

■時間■ 5時30分~8時45分 ※9月1日(火)以降は6時~8時45分

  • 9時からは入園料210円が必要です
  • 東門のみ開門します
  • 建物内への立ち入りはできず、庭園のみの散策となります
な、なんと!もともとの入園料もお得なのです!

大人210円。また隣にある郷土歴史博物館との共通券も。もちろん無料公開日であれば歴史博物館も無料!次回は6月21日です。

<詳細>

住所:福井県福井市宝永3丁目11-36

http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/yokokan/index.html

入園料:一般 210円(団体160円)
     郷土歴史博物館との共通券 340円(団体250円)

※毎月第3日曜日、文化の日(11月3日)、ふるさとの日(2月7日)は、無料公開日です

 

この記事をシェアする