スタバ47都道府県フラペチーノで話題、おすすめポン菓子紹介

スターバックスコーヒーの「47JIMOTO フラペチーノ(47都道府県フラペチーノ企画)」が話題を呼んでいます。47都道府県それぞれの地域で働く従業員のアイデアを元に作ったご当地フラペチーノ企画です。

ニュースが流れるやいなや、SNSなどでは「地元のフラペチーノは何かな」「新型コロナが流行していなければ他県にも買いに行くのに!」などの感想が見られました。確かに地元をテーマにしたフラペチーノと聞くと「うちの県は?」と思ってしまいますよね。

福井のご当地フラペチーノは「福井 ほやほや 米ポン 抹茶 フラペチーノ」です。要するに、抹茶とポン菓子のフラペチーノになります。フラペチーノにポン菓子を使うのは面白いですね。

ポン菓子と聞いて賛否あるかと思いますが、おいしければなんでもいい精神で頼んでみようと思ってますw

実は福井には、他県でも人気のポン菓子があるのです。今回はフラペチーノのポン菓子に「おや?」と思った方はぜひ注目していただきたい福井の人気ポン菓子をご紹介します。

アイキャッチ画像|スターバックス公式ページより引用


福井の人気ポン菓子「無糖ポン菓子」とは?

パン菓子といえば甘い印象があるかもしれません。福井には無糖のポン菓子があり、人気を集めています若狭町のふるさと納税の返礼品としても受け取れ、通販もできる「無糖ポン菓子」です。

≫無糖ポン菓子|オザキファーム

無糖ポン菓子は無農薬のお米を使ったポン菓子です。無糖ですから、市販されているポン菓子より甘くなく、自然な風味になります(実食の感想は後から)。無糖ポン菓子は若狭町の尾崎ファーム農賊団が製造・販売しています。

福井県はコシヒカリ発祥の地であり、お米にこだわりのある県でもあります。スターバックスの「47JIMOTO フラペチーノ」企画の福井のページにも、コシヒカリ発祥の地であることがデデンと書かれています。そんな福井だからこそお米のお菓子、そしてお菓子の原料にするお米にもこだわりがあるのは当然ではないでしょうか。

無糖ポン菓子の原料は、福井県の無農薬のお米で、かつ「福井県認証特別栽培米認証区分のお米(栽培期間中農薬不使用、化学肥料不使用のお米)が使われています。無糖で甘さをおさえつつ、素材は厳選されたお米を使っていますので、体に優しいお菓子になっているのです。

体に優しい素材で作られた無糖のポン菓子ですから、お子さんや高齢の方でも安心して食べられます。また、砂糖が気になっている人や健康に気をつかっている人にもおすすめのお菓子になります。

福井の人気ポン菓子「無糖ポン菓子」の味は?

無糖ポン菓子を購入して実食してみました。

無糖ポン菓子には「お米」と「玄米」の2種類があります。玄米の方はポン菓子ながらシリアルのように食べられるという話を聞いて気になりましたが、やはりポン菓子といえばお米。お米を使った方をチョイスしました。

無糖ポン菓子という名前から単に「無糖のポン菓子」という印象でしたが、開封した瞬間すでに「あれ、普通のポン菓子より香ばしいような」と感じました。砂糖を使ったお菓子のあの甘い香りでなく、微かな焼きおにぎりの匂いとでも言うのでしょうか・・・とても香ばしい匂いがします。この匂いだけでかなり美味しそうです。

実際に口に含むと、味は想像していたより甘いものでした。砂糖の甘さではなく、お米の甘さです。自然なお米の甘さがポン菓子特有の香ばしさと一緒に口に中に広がります。素材が良いからでしょうか、本当に自然なお米の風味という感じで美味しいですね。素朴なので体にも優しそうです。

無糖ポン菓子を食べているうちに妙に緑茶が欲しくなり、ストックしている分を淹れてしまいました。無糖ポン菓子の素朴な風味、そしてお米の味と緑茶はよくマッチします。

スタバの福井のフラペチーノはポン菓子と抹茶を組み合わせたものでした。無糖ポン菓子を食べていると「確かにこの組み合わせはたまらない」と思えてしまいます。

福井の厳選米で作った無糖ポン菓子、ぜひ試してみてください。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA