[レポート]オクノシゲヒコ – FINE SONG vol.10 [2015/11/15 @福井駅周辺3会場サーキットイベント]

FUSIC TIME #31の時間です。

こんにちわ。

音楽イベントFINE SONGを企画してる

デザイナーでドラマーの私ヤナショーがお届けします。 

最後までお付き合いどうぞよろしくお願いします。 

SHIGE & THE TRUNK BOYS

オクノシゲヒコ 1st Full Album「SHIGE & THE TRUNK BOYS」

改めて、アルバムリリースおめでとうございます。

セルフライナーノーツはこちらから

http://shigehikookuno.web.fc2.com/sub2.html

シゲさんが音楽活動を通じて、

今まで出会った景色や音楽がこの作品に詰まってます。

ぜひ皆様チェックを。

タワーレコード amazon 

祝!! レコ発ライブ 

今回も2015年11月に開催したイベントのレポートをお届けします。

前回レポートした f4-highがライブが終わったHALL BEEを後にしてBAR Jakeに向かいました。

この日は、SHIGE & THE TRUNK BOYSの一員としてドラムを叩きました。

こう見えてわたくし、たまにドラムも叩きます。客席からはこんなかんじでした。

Jakeに置いてあるドラムは相性が良くて好きです。

この日のライブはセッション的なことから、インストやカバー曲。

そしてアルバムからの楽曲など色んな曲を演奏しました。

曲に寄って少し変化を付けました。

ドラム側からの景色

IMG_0139 

折角なので、ドラム側からの写真も1枚と思い写真を撮ったら

こうなりました(笑 そりゃあ、水飲みますよね。。。

こんな風にドラムからの目線って、基本真っ暗で見えなかったりします。

せめて喋ってる時に写真を撮れば良かった(笑ってことで、、、

HONEY TRAP vol.3

IMG_0064

2015年12月にHALL BEEで開催されたイベントHONEY TRAP vol.3でのライブの写真を。

この日は、Mt.Paiot’sのメンバーをバックに演奏。

イベントのメンツ的にコアなバンドも多かったのですが、シゲさんたちも熱いライブでした。  

私もあんな男気溢れるドラムを叩きたいです。

終演後にメンバーで1枚+雑談

IMG_0176

イベント終了後に3人で1枚。 ウッドベースのうっぴーさんに

う「今日は演奏もして、3会場歩き回って疲れたんじゃない?

私「いや、プールで泳いでて、体力ついてたから以外と平気でしたね。

う「へぇー何kmくらい泳ぐの?

私「1kmですかね。

う「おれ、中学の頃毎日1km泳いでたよ。部活だけど。

私「あ、そうなんですか!!

と、共通の話で盛り上がり、妙なグルーブ感が生まれました(笑。 

改めて

SHIGE & THE TRUNK BOYSのみなさま。本当にありがとうございました。

そして今年も宜しくお願いします。

シゲさんのブログにも当日のレポが掲載されてます。是非チェックを!!

11/15、福井駅前3会場同時イベントFINE SONG vol.10レポ

Mt.Paiot’s web site

オクノシゲヒコ(Mt.Paiots) プロフィール

1999年、石川県金沢市を中心に音楽活動開始。

オルタナティブロックバンド『SNORT 4 CLACK』ハードコアパンクバンド『銃maniax』

ラスティックストンプバンド『Mt.Paiot’s』アコースティックブルースパンクバンド『耳鳴りの唄』でのバンド活動を経て、

2015年よりソロ活動を開始。(現在Mt.Paiot’sギタリストとしても平行して活動中。)

 

音楽性の原点であるハードコアパンクの精神を基軸に、

哀愁の旋律をロカビリーアコースティックギターとウッドベース等多種の楽器にのせて弾き唄う。

年間ライブ本数約40本、不定期に地元金沢市に県内外からバンドやDJを招き自主企画ライブを行っている。

2015年8月26日に1st Album”SHIGE & THE TRUNK BOYS”をリリース!

オクノシゲヒコ web site

オクノシゲヒコフクブロ関連記事

Mt.Paiot’s web site

ライブ会場

Bar Jake

施設名 Bar Jake
住所 福井県福井市順化一丁目10-9ドリームタウン2F
営業時間 20:00-5:00
メール bar_jake_shinji@yahoo.co.jp
TEL 090-4167-2735
定休日 月曜日
駐車場 なし※近隣のコインパーキングをご利用下さい
最寄り駅  JR福井駅 / 福井鉄道・市役所前

いかがでしたか?

ここまでのお相手はヤナショーでした。

それではまた。 

この記事をシェアする