【高気密過ぎて話題】ハウスメーカー ウィッシュホームが福井進出!【2019 11/30~ 週末展示会】【PR】

今年も寒い季節がやってきますね!
「いろいろなハウスメーカーがあるけど、実際どこがいいの?」と悩む方も多いと思います。

今回ご紹介するのは「高気密過ぎて笑う」「職人の技術力が異常」と話題のウィッシュホームさんです。

小松市のハウスメーカーなのですが「冬季でもずっと温かい」と人気になり、2019年に福井進出です!
どれくらい技術が高いのか、先日の公開展示に行ってきました!


福井の寒い冬。「断熱性」だけじゃ無意味って本当?

よく住宅メーカーやCMでも「良質の断熱材」「高断熱」などがCMされていますよね?

実は、住宅の断熱力だけが高性能でも「暖かさ」は実現できないんです。。。

冬の住宅の暖かさは
「外の冷たい空気をいかに通さないか」
 断熱性能と、
「室内で暖まった空気を
 どれだけ室内にとどめておけるか」

 気密性で決まります。

断熱力は良い断熱材を入れることである程度確保できるのですが、気密性に関してはどれだけいい材料を使っても、職人さんの技術レベルに左右されてしまいます。

せっかくいい材料を使って、暖房で温めても、家が隙間だらけじゃ意味ないですもんね。

通常の家は「ハガキ3.3枚ほど」の隙間が!

実は少し前まで、国の基準で
「それぞれの地域でこの気密性は超えてね。」という気密性の基準”C値”が定められていました。

福井県で基準となるC値は【5㎠/㎡】


100㎡の住宅の場合は
【はがき3.3枚以下の隙間にしてね】ということです。
(C値は小さければ小さいほど優れているという意味です。)

検査では外から室内に空気を送り込んで、「どれだけ空気が漏れるか」で、気密性を計測します。
一般的な住宅だと、窓やコンセント周りなど、どうしても隙間が生まれてしまい、気密性は下がってしまうものでした。

気密性が高すぎて窒息する??
ウィッシュホームの気密レベルが異常。

では、ウィッシュホームの気密性は?

0.1㎠/㎡!!すごい!


↑公開計測で内心ドキドキだった担当者さん(笑)

過去に国が定めた基準値が5㎠/㎡
ウィッシュホームの場合は0.1㎠/㎡!
※小さい数値ほど良い数値です

100㎡の家で計算すると
「消しゴム1個分の隙間しかない」ということになります。
暖かい空気がずーっと室内に!

凄くないですか?
窒息できるレベルですよ!!
(窒息しません。ちゃんと換気されます。)

注目の福井初上陸 ウィッシュホーム展示会が開催!

断熱性は断熱材である程度の基準まで高められますが、気密性に関しては熟練の職人さんが丁寧な仕事をしなければ、実現は難しいそう。

なのでどうしても職人さんの人件費が高くなってしまうため、低価格をウリにしている一般的なハウスメーカーなどは、気密性を諦めていることもあるそうです。

ウィッシュホームでは「家づくりで後悔させない」「笑顔になる家づくり」を実現するために、
こだわりのポイントがたくさん!

・高気密・高断熱(職人さんの技術も!)
・賢い家づくり勉強会の開催
・85歳までの資金計画
・建てた後のアフターメンテナンス

などなど、お客さんが安心できるように、品質面だけでなくコミュニケーションにも力を入れています。


↑ウィッシュホーム代表の中出さん
(お忙しいなか優しく沢山のことを教えていただきました!)

「土地はどうやって見つければいいの?」
「住宅ローンの金利って?」
「契約までの流れはどうすればいいの?」
など、家づくりには不安がいっぱい。

お家づくりを検討している方は、ぜひウィッシュホームで、一度相談してみては?

開催予定の展示会情報

完成見学会
期間 2019年
11月30(土) 12月1日(日)
12月7日(土) 12月8日(日)
時間 10:00~15:00
場所 福井県坂井市春江町江留上新町78-1
駐車場 あり
備考 わからない場合は看板を目印にお越しください。
電話予約 0761-65-1229 
※「フクブロを見た」と伝えていただくとスムーズです。
ネット予約 コチラのフォームからご予約ください

展示会場の地図

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

NACCHAN

福井県勝山市出身 1990年生まれ 県内イベントの企画・広報を行うプロモーター。 大学のダンスサークルで県内学生が交流できるイベントを企画したことをきっかけに、現在の活動を始める。 ダンサーやMCとして大学祭や県内のイベントに出演するほか、学生向けクラブイベント"Campus Party"などのイベント運営、 学生ダンス連盟の立ち上げなど、福井のコミュニティを盛り上げることに奮闘している。 モットーは"Get out of your comfort zone(心地いい空間を抜け出せ") 新しいフィールドにも積極的に挑戦する姿勢を常に心がけている。 2016年4月からは自分の可能性を広げるべく、英語教師からIT関連企業に転職。