福井を楽しみたい女の子のための情報サイト「Dear ふくい」 江戸しおりさんとお話してきました

dearfukui02

みなさんこんにちは、ナオヤです。

 

江戸さんから自分も福井の情報サイトを作りたいということで、わざわざご連絡いただいたのが約2か月ほどまえ。

そこから大変だったと思いますが、サイトを立ち上げたみたいなので、対談してきました!(そんな堅苦しくない雑談みたいなもんですが。。。)

Dearふくい

dearふくい03

Dearふくいは、福井を楽しみたい女の子のために、福井県内の観光、グルメ、イベント等の情報を発信していくまとめサイトです。

女子による女子のための、情報サイトという感じですね!

フクブロとはまったく毛色が違う感じですw

サイトも写真が大きく見れるような作りになっています。

一度見に行ってみて下さい!

>>Dearふくい<<

さて、本題

といっても、実はもう対談の様子などはDearふくいさんの方でまとめていただいてまして、詳しい内容はそちらを読んでいただけたらと思います!

ここではせっかくなので、江戸さんと、Dearふくいについて質問してきた内容を書かせていただきたいと思います。

話してた時の真面目な場面

話してた時の真面目な場面

Dearふくいを立ち上げた江戸さんについて教えて!

高校卒業後、製菓学校へ2年通った後、フランス留学

帰ってきてからは都内のケーキ屋で2年半パティシエとして仕事
でも、なんかパティシエ向いてないと思って、じゃあ得意なことを仕事にしようと、ライターとして独立することを決意(文章書くのは昔から好きだし得意)
個人事業主として、ウェブメディアで記事を書いたり、依頼があればセミナーに行ってレポートライターとしてお仕事したり、とにかく何でも書いてます。
Atelier Poème tissé(アトリエ ポエムティセ)代表が一応正しい肩書き
独立したら、普通に稼げたから、会社は辞めましたw

でも、独立して2週間くらい経って、家でライティングの仕事こなしてるだけじゃ、何かを成し遂げてる感ないなあ、これでいいのかなって思い始めてきてちょっとモヤモヤ
そこでゆるい移住の宣伝をたまたまネットで見かける。まじ運命。その時の私は、会社とかしがらみから解放されて、好きなときに好きなことができる、まさにゆるい生き方をしようって思ってた時だったから、ゆるいって言葉に運命を感じてとりあえず申し込んでみた!

ゆるい移住で福井へ

たぶんめっちゃすごいプロジェクトだし、メディアの注目度も高い。
ここでなんかやったら、実績作れるんでは?とかなり打算的な気持ちで参加。
今自分にできることといったら、書くことなので、半年間毎日ブログ(ゆるブロ)を書くことを表明!
実際やってみたら、なんとなくブログが人気になりましたw(http://yurui-iju.net

そうこうしているうちにゆるパブが創設されて、自動的にメンバーになっていたw(http://yurupub.org/
ユルパブは、公共をゆるく!的なテーマで、まちづくり的なことしたり、ただただ楽しいイベントやったり、いろいろしてます。
それで、福井新聞オンラインでゆるパブコラムの連載が決定。
ゆるブロを福井新聞お方が評価してくれてて、その流れで、ゆるパブコラムはほぼ私が担当することに(http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/yurupub/index.html
新聞の概念を変えるってことで、かなり攻めた内容にしてるけど、炎上することもしばしば。
私は、福井が好きで、だからこそ、ここ変じゃない?ってとこもさらっと書いちゃうんだけど、地元の人にとったら、よそ者にあーだこーだ言われるのは嫌っていうのもわかる。ちょっとしょぼん。

そんなこともあって、なんか、自分の気持ちを素直に表現したりする場がさらに欲しくなった。
だったら、ゆるブロを進化させて、自分で福井の情報まとめサイト作ったらいいじゃん!ってなりました。

Dearふくい始動

応援してくれる人がいるとやる気になるもので、それからは一気に企画書作って(理想が高すぎて全然実現できてはいないんだけど、最初はちっちゃく、これからもっと広がっていけばいいなと、いろいろな企画を温め続けてます)
色々詳しそうな人に相談して、どんどん構想を練っていきました。
そんな中で坪田さんに出会いました。
正直、福井にすでにまとめサイトやブログがあるって知らなかったから、やばい、被ったと思ったw
けど、坪田さんはめっちゃいい方で、やりたいことはやったらいいよって言ってくれて、いろいろなアドバイスをくれました。

その辺りから、福井にもいろんなサイトがあるんだなって知って、調べるようになったんだけど、ここで思ったのが、
私の見たいと思えるサイトがあまりない気がするということ。
私は、情報が欲しいのはもちろんだけど、綺麗な写真が見たいとか、なんかそのサイトのデザインが好きとか、暇なときにふと開いて暇つぶしができちゃうようなビジュアルに訴えかけるサイトが好きで。MERYとか。
そういうがっつり女子ウケ狙ってます!ってサイトがあまりないように思えたから、それを自分で作っちゃいたいなと思って。

Dearふくいについて

構想はどんどん固まっていったんだけど、名前を考えるのが超迷った!
3〜4文字で言いやすいのがいいなと思ってて、ふくるとかほやのとか、いろんな言葉を考えてたんだけど全然しっくりこず。
Dearって単語が出てきたのは、すっごい偶然の奇跡みたいなものだったんだけど、なんかしっくりきちゃって決定しました。
Dearふくいは、福井のために、とか、親愛なる福井の皆様へとかって意味ももちろんあるんだけど、dearには可愛いって意味もあるらしく。
可愛いサイトが作りたい!と思ってた私にはぴったりの名前だと思ってDear ふくいにしました。

ロゴは見栄え上アルファベットにしてるんだけど、実際はDear ふくいが正解!
ディアって略してもいいし、好きなように読んで、福井の女性を中心に愛着を持ってもらえたらなと思ってます。
Dear〇〇で全国展開したいって野望もあり。少なくとも、自分の地元には持って帰りたいかな?

今後について

なんだかんだ今のところ一人でやってて、多分これを継続するのはきついから、一緒にやってくれるライターさんを募集中!
記事を書くのが苦手でも、自分のお気に入りのお店情報をくれれば私が記事にするし!
それから、福井の企業、お店の広告を掲載したり、依頼があれば取材に行って記事を書いたりして、福井の人たちに喜んでもらえるようなサイトにしたい。
自治体とも色々やれたらいいなあ。
あき家紹介とか、興味あることは本当に色々あるので、これからどんどんやっていけたらいいなと思います。
基本的にコラボは大歓迎だから、なんでも声かけてもらえれば多分乗ります!

今のところの目標は、福井の人が、なんとなくの暇つぶしや、ちょっとお出かけするって時にDearふくい見よっかってなってくれること。
至らない点も多々あると思いますが、ふくいを大事に思う全ての方と、一緒に作り上げるようなサイトにしていきたいです。

関連記事

フクブロがスタートして2年がたちましたので、ちょっと振り返り

2016.08.12

 

この記事をシェアする