JAアグリランド「喜ね舎(きねや)」の名物おはぎを食す

 

こんにちは、フクブロライターsinです。

だんだんと気温が上がってきて暖かくなってきましたね!

春になると、食欲がいつにもまして出てきませんか?

今回は、あま~くて美味しいものをご紹介いたします。

福井市河増町にある、JAアグリランド喜ね舎(きねや)には大人気の「おはぎ」について食レポしたいと思います。


JAアグリランド喜ね舎について

JAアグリランド喜ね舎では、JA福井市管内の農業生産者が直接出展し販売できる農産物直売スペースや地元の農産物を使ったベジタブルレストラン。

他にも、そばやうどんや切り餅などを作る、農産物加工処理施設などがあります。

とくに農産物直売スペースに売られている新鮮で旬な農作物はほりだしものがいっぱいです。

3つで98円の新鮮な玉ねぎや50円以下の朝採れ子キャベツなどちゃっかりうちの妻も買っていました(笑)

また、青果以外にも精米や老舗精肉店カワグチのお惣菜やお弁当なども販売しています。

新設のイートインコーナーでは、館内で販売しているお弁当や惣菜、 おはぎ、ジェラートなどの商品を、購入後にその場で食べることができます。

Wi-Fiサービスも完備し、カフェ感覚で気軽に利用できます。

また冬季限定ではありますがこたつも利用することができますよ。

午前中に売れ切れる大人気の名物「おはぎ」

JAアグリランド喜ね舎の「おはぎ」は、熟練の職人が1つ1つ丁寧に作っており。

絶妙な塩加減やもち米の炊き具合などを日々研究してできたおはぎになっております。

使っている材料は厳選された北海道産の小豆に福井県産のもち米だけを使用しています。

また、そのおはぎの美味しさから県外からのわざわざ買いに来るリピーターがいるほどの人気っぷりです。

おはぎは4種類販売しており、「あずき」「きなこ」「「きなこ(餡入り)」「ごま(餡入り)」があります。

特に2色3色入りのおはぎが人気で、色々なおはぎを楽しみたい方にオススメです。

どのおはぎも1個130円というリーズナブルな価格で販売されています。

おはぎを食べてみた

今回、買ってきたのは3色おはぎ(あずき&きなこ(餡入り)&ごま(餡入り))を購入しました。

どのおはぎも美味しそう。

おはぎといえば日本茶を用意していざっ実食!

まずは、あんこから頂きます。

あんこはほんの少し小豆の皮の食感が残るつぶ餡。

もち米は、お米の粒粒がしっかりと感じられるもちもちとした食感。

あんこはそれほど甘くなくさっくり食べれちゃう。

中のもち米の塩加減が小豆本来の風味と甘みをより引き立てていて老若男女楽しめる1品でした。

次に、ごま(餡入り)を頂きます。

ごまおはぎ用に炊かれた餡は少し甘めでした。

炒った胡麻の香ばしい風味がもちごめと相性バッチリ!

中に入ってる餡も胡麻の風味を邪魔していません。

また、プチプチ食感を楽しめるためお子さんにお勧めの一品になっております。

最後に

いかがだったでしょうか?

JAアグリランド喜ね舎には福井の美味しいがギュッと詰まっているような夢の場所です。

今回ご紹介したおはぎは、予約販売なども行っております。

詳しくはこちらのHPリンクにて。

店舗情報

店舗名称 JAアグリランド喜ね舎(きねや)
住所 〒918-8218 福井県福井市河増町9-10-1
営業時間 4月~11月 午前8時半~午後6時
12月~3月 午前8時半~午後5時半
電話番号 0776-52-8311
定休日 年中無休(年末年始除く)

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

sin

生涯ずーっと福井が一番! 福井市在中のsinです 福井のおいしいものには目がないです お米、お肉、お菓子、お魚ばんざい!! 各駅停車の旅を主にしています ウォーキングがてら各地の隠れ家的スポット探し、楽しいことを発掘していきます 実家の稲作などを紹介できればいいなと思っています!! Twitterで隠れ家的スポット情報お待ちしております @sinq0214 までよろしくお願いします