秋の月もいいけど、丹南の夜景はいかが?越前市にある村国山の展望台に行ってみた!そして山を駆ける謎の影・・・

こんにちわ、カイリです。

夏も終わりだいぶ涼しくなってきて、お出かけするにはちょうどよい気温に。

月を愛でる季節になってきましたが、ちょっと足を伸ばして夜景を見に行くのはいかがでしょう?

知る人ぞ知る名所、村国山の夜景を今回はご紹介いたします。

村国山

越前市の中心街からちょっとはずれ、街を流れる日野川の側に村国山はたたずんでいます。

中心街へと続くメイン道路から脇へそれ、山道の入り口へ。

山頂の展望台へと向かいます。

 

こういっては何ですが、なかなか不気味。

今回は車で登りましたが、ひとりで夜に登るのはちょっと怖いかも・・・。

 

およそ2,3分で頂上へ。

 

丸い月がお出迎え。けど今回のお目当てはこれではありません。

 

この写真でみなさんに伝わればいいのですが・・・。

自分は何度かここの夜景を観ているのですが、

やはりここからの眺めはすばらしいなと思うのです。

この村国山の夜景は、日本夜景百選に選ばれているそうです。

 

越前市の街はもちろん、鯖江の方まで見渡せます。

建物の光がまるで星のように見え、夜空の下にもうひとつ宇宙が広がっている。

僕は勝手に「丹南ギャラクシー」と呼んでいます。

山にこだまする声、そして謎の影

夜景の写真を撮っていると、

「whooooooooooooooooo!!」

と、山の中から声が。

そして展望台にむかって走ってくる謎の影・・・。

 

じつはこの方たちはランナーさんたちで、ほぼ毎週火曜に開催されているジョギングイベント「村国ナイトジョグ」の参加者でした。

 

この村国ナイトジョグではおよそ1時間かけて、村国山のふもとを走り、山道を通って山頂を目指します。

さきほど聞いた声は、山頂までのきつい坂道でテンションをあげるためのものだったようです。

毎回10人前後のランナーが参加し、多い時は20人を超えることもあるとか。

坂道が続いてかなりつらかったはずなのに、このときお会いした方たちはみな、なんだかニコニコ楽しそうでした。

走るの苦手だけど、なんだか自分も混ざりたいなと思っちゃうくらい。

 

天高く、馬肥ゆる季節。

ついついおいしいものに手が伸び、人も肥えてしまいがちですが、

ナイトジョグに参加して、体型維持に取り組んではいかがでしょう。

誰でもウェルカムな感じなので、気になった方はfacebookページをチェックしてみてください↓

村国ナイトジョグ

 

では、また。

この記事をシェアする