お花見にもおすすめ!鯖江市にある「西山公園」は子供が楽しめる要素がいっぱい!

どうも、パパライターのコウです。

僕は毎回、実際に行った福井県内の子供連れスポットを記事にしているんですが、今回は福井県鯖江市にある西山公園に行ってきました。

西山公園自体は、非常に有名なスポットなので知ってる人も多いと思いますが、とにかく子供が楽しめる要素がたくさんあるので、晴れた日のお出かけに重宝しますよ。

 

また、これからのシーズンお花見スポットとしても使えるので、今年のお花見はどうしよう?と迷ってる方もぜひ、参考にしてもらえれば嬉しいです。

 


西山公園のアトラクション紹介

福井市内から車で約30分ほど走ったところにある西山公園

子供が飽きることなく、1日中遊んでいられるスポットなんですが、その理由は…アトラクションがめちゃ豊富!

 

西山公園は、子供が楽しめる次の3つのエリアに分かれてますよ!

  • アスレチック遊具エリア(パンダらんど)
  • 動物園エリア(西山動物園)
  • 芝生エリア(芝生広場)

 

1つずつ紹介していきますね!

冒険型アスレチック遊具がいっぱい!パンダらんど

子供が真っ先に行きたがるのが、アスレチック遊具がたくさんあるパンダらんど

森の中にあります。

 

ただの遊具じゃなくて、他には設置されてないような大型の遊具が多いのも人気の秘密!

さりげなく、レッサーパンダのデザイン…!

 

実は、パンダらんどは3つのエリアに分かれているので、子供の好みに合わせて遊ばせることができます。

  • 滑り台エリア
  • 冒険の森エリア
  • こぱんだらんど

 

滑り台エリア

滑り台エリアは、パンダらんどの最下段のエリアで、読んで字のごとく滑り台が設置されてるエリアです。

設置されている滑り台は全部で3つ。

 

中央には、ウェーブ滑り台が2つあります。

幅が広いので人にぶつかる危険性が少なく、スピードもそんなに出ないので、小さいお子さんでも安心して遊べます。

 

 

手前の滑り台は、ローラー型

傾斜がゆるく見えますが、ローラーの回転がかなり良くて、意外とスピードが出てましたよ!

予想以上にスピードが早く、カメラを向けた時にはすでに下の方まで滑り降りてしまってました…。

 

冒険の森エリア

冒険の森エリアは、中段部にある大型アスレチックがエリア一帯に設置されています。

 

子供たちは、この遊具を使って鬼ごっこなどをして楽しんでました。

家族で来ると大人が鬼役をしないといけないので、注意が必要です。
(高低差が激しく、日頃運動してないと足にきます…。)

 

こぱんだらんど

パンダらんどの最上部にあるのが、すこし変わった遊具が設置されたこぱんだらんど

かなりレッサーパンダ推し。

 

レッサーパンダの顔の形をしたクライミングウォールは、全体が柔らかい素材でできています。

傾斜もゆるいので、安心して遊ばせることができます。

 

こちらは、レッサーパンダの手を型どったトランポリン。

 

さらに上の方に行くと、ふわふわ素材でできた滑り台もあります。

こういうの、子供たちもテンション上がりますよねー!(大人でも少しやってみたいと思いますよね。笑)

 

レッサーパンダに間近で会える!西山動物園

西山公園のいいところは、単に公園なだけじゃなく、動物園も併設されているところ。

子供が遊ぶのに飽てしまった場合や、1日中公園にいるだけなのもなんかモノ足りない場合には、この西山動物園に行ってみましょう!

 

西山動物園は、次の3つのエリアに分かれています。

  • サルと鶴のエリア
  • ミニ動物園ゾーン
  • レッサーパンダのいえ

 

1つずつ紹介していきますね。

サルと鶴のエリア

サルと鶴のエリアには…サルと鶴がいます。笑

 

ただサルといっても、シロテナガザルフランソワルトンなど少し珍しい種類のサルたちに会えます。

また、ここのおサルさんたちは、すごく活発に動いているので、見てて楽しいですよ!

 

鶴の仲間のタンチョウ

結構、近い距離で見れるので意外と迫力がありました。

子供たちも食い入るように見てる。

 

ミニ動物園エリア

ミニ動物園エリアには、レッサーパンダを始め、インドクジャクボリビアリスザルチャボキジなどたくさんの動物が飼育されています。

 

西山公園のトレードマーク的な存在のレッサーパンダ氏

その人気を少し僕にも分けて欲しい…。

 

リスザルの飼育スペースには、歩道の上空を横断する散歩道があって、上にリスザルが通るとついつい立ち止まってしまします!

立ち止まる場合は、う◯ちをかけられないように注意が必要です。

 

インドクジャクは、綺麗な羽をしていて、みんな写真を撮っていました。

羽根をバサッと広げて欲しかったのですが、今回は開いてくれませんでした…。

 

レッサーパンダのいえ

西山動物園の最上部には、レッサーパンダだけの飼育スペースレッサーパンダのいえがあります。

 

レッサーパンダのいえは、屋内施設(一部屋外もあり)で、ミニ動物園より身近にレッサーパンダを見ることができる人気スポット。

施設のロゴも、レッサーパンダ氏のしっぽをあしらったデザインでかわいい!

 

内に入るとこんな感じになっています。

 

ではいよいよ、レッサーパンダとご対面!

ガラス張りではありますが、かなり近いところにレッサーパンダが!

 

室内に張り巡らされた通路を自由気ままに移動するレッサーパンダ氏。

 

今までこんな近くでレッサーパンダを見たこと無かったけど…やっぱかわいい!かわい過ぎるぞ!

こりゃ人気者になるわ。

 

ちなみに、屋外にも飼育スペースがあって、外のレッサーパンダは木の上で、日向ぼっこしてました。

 

家族みんなでピックニック!芝生広場

西山公園には、大きな芝生の広場もあります。

 

ここに遊具などはないのですがとにかく広いので、ボールなどで自由に遊んだり、シートを広げてお弁当を食べたりできます。

 

ちなみに、芝生広場の周りは、桜の木が植えてあるので、春になると綺麗な花を咲かせます!

 

施設概要

では改めて、西山公園の施設概要をまとめます。

施設名 西山公園
住所 福井県鯖江市桜町3丁目8-9
営業時間 (西山動物園)9:00~16:30
連絡先 (西山公園)0778-51-1001
(西山動物園)0778-52-2737
定休日 (西山動物園)毎週 月曜日
料金 無料(西山動物園も無料)
HP https://www.city.sabae.fukui.jp/kurashi_tetsuduki/doro_kasen_koen/koen/nishiyama/nishiyama-annai.html

 

西山公園は、道の駅「西山公園」も隣接しているので、赤ちゃんのオムツを替えたり、水分を補給したりもできるため、子供連れには嬉しいスポットです。

 

週末のお出かけに困ったら、一度足を運んでみるのもいいかもしれませんよ!

この記事をシェアする