なぜ越前町でマコモサミット?現地調査に行ってきました! ~越前町~

今日は10月14~15日に行われたマコモサミットの様子を紹介!

といっても正規の参加ではなく、後ろからこそこそついていっただけですが(笑)

しかも、サミットの会議の様子は確認せず、現地の農地と直売所をみてまわっただけという適当ぶり。

すでにサミットと関係ないような気がしますが気にせず紹介していきます。

そもそもマコモとは?

ここでしか食べられないおすすめかき氷。宇治金時ならぬマコモ金時でも紹介していますが、水辺に群生するイネ科の植物です。

大きさは2m程度まで成長します。稲をでかくしたような形状。

食べるとこは稲とは違い茎の部分に食べることになります。

というのもこのマコモ、花を咲かせませんし、実を作りません。よって、食べれる場所は茎ということに。

なぜ?全国サミットが越前町で?

大きな理由は特殊な栽培方法ではないかと思っています。

越前町のまこもの栽培方法は全国で唯一というほど珍しいです。

通常のマコモは米同様、苗を水田で育てある程度大きくなったら水を抜いて収穫になります。

しかし、越前町のまこもはずーっと水を張ったままで、育てます。ここが大きな違いとなっています。

大したことがないじゃないかと思うかもしれませんが、実は滅茶苦茶大変。

というのも、まこもは稲のように一回の収穫でまとめてとることができません。ナスやトマトのように大きさ等を確認して収穫するのです。

よって収穫時期は毎日水田に入ることに。

現地の農場にいってみた。

まさに水田。横の川から水を入れ続けている。

ここまでがっつり水が入っているとは思いませんでした。

ちなみに倒れている茎はイノシシに荒らされた結果とのこと。

 

まこも直販店”おもいでなfarm”

続いて、越前町の直販店にお邪魔してきました

地域特産の品物がところ狭しと並んでいます。

以前にたかすぃが紹介した天使の米も。

img_20161015_093005

そしてお目当ての越前まこもを発見。お値段130円。・・・安っ!

さらにマコモパウダーも発見。

さらにはまこも入りコロッケなんかも・・・

商品力が半端ないっすね。

まとめ

越前町で行われた全国まこもサミットをおって、現地調査をしてみました。内容はいかがでしたでしょうか?

まこもは今が収穫時期、越前まこもを食する絶好の機会ですので、越前町に行く際は是非食べてみてください。

直営店詳細

店名 miyazakiおもいでなfarm
住所 福井県丹生郡越前町樫津2-63
休業日 火曜日(祝日のときは翌日)
営業時間 午前10時~午後6時
URL http://www.omoidena.com/

 

この記事をシェアする