【募集記事】福井市にあるシェアハウス1年間家賃が無料!?シェアハウスの魅力を発信できる入居者募集

フクブロライターのごぅです。

以前に書いたシェアハウスウィークタイズの記事から2年が経ちました。

・・・はやいものです。

ちなみに今も住んでおり、もはや実家といっても過言ではないでしょう。

今日はそんなウィークタイズの入居者募集に関するお話。

1年間家賃無料!情報発信できる入居者募集!

現在ウィークタイズでは情報発信をしてくれる入居者(限定1名)を募集中!

やることはたった一つWebを通して、シェアハウスの情報発信を行う。

これだけです。

情報発信をするだけで年間家賃(60万円以上)が無料になります。

でも、内容が難しいのでは?と思うかもしれませんが、心配無用。

投稿の内容は超ゆる~く、ウィークタイズを絡めたものであればOK。

例えば

・ウィークタイズでの日常(キッチンで料理を作った。シェアハウスで晩酌etc)
・入居者と一緒に旅行に行った
・シェアハウスの一人暮らしとの違いを伝える(経験談)
・内覧・入居時の感想

まさになんでもありといった感じ。

記事のバランスの問題で毎日料理のレパートリーを紹介する等はさすがにNG(料理ブログではないのでw)

また、頻度としては3日に1投稿程度。

SNS投稿やブログを毎日書いている人にはイージーモードといえるでしょう。

具体的にいえば、こんな感じでOK!(大家さんに確認済みです)

>>シェアハウスあるある~助け合い(体調不良、飲み会の送迎など)

>>シェアハウスの日常・パーティ/バーベキュー編

204号室には私もいるので、書き方わからないとか内容どうしようという相談はいくらでものります。

無料体験入居可能!

できるか不安だな~と思うあなたに朗報!
なんと、無料体験入居があります。
企業でいえばインターンのような制度。

実際に入居した場合と同じ環境(SNSやブログ投稿)で生活を行い、不安を解消していくことになります。)で生活していくことが可能!

・シェアハウスが自分にあうか不安
・ブログ・SNSの投稿がちゃんと続けられる?
・人間関係のチェック

やっぱり無理だ~。
と感じたら、大家さんに相談の上、辞めていただいてOKとのこと。

また、ウィークタイズには必要な家具は全部そろっているので、無理だったら元のアパートに簡単に戻れます。

実際に住むシェアハウスのお部屋

シェアハウスでは共有部分(キッチン、リビング)と個人の個室があります。

プライベート空間を確保しつつ、共有部分で交流することになります。

個室には備え付けのベッドや机などの備え付けの備品もあります。
詳しくはこちらで確認できます。

>>青を基調としたスタイリッシュなお部屋101号室

また、共有の部分にはテレビやこたつなど自宅と同じように快適に過ごせます。

基本的な料理器具の他に電子レンジや炊飯器などもついているので、何ももってこなくて問題ありません。

応募条件

気になる応募条件は公式ページに詳しくのっているので確認しましょう。

まあ、基本的な条件は4つ。

どの条件もほぼ当たり前といっていいほどゆる~い条件になっています。

  • SNS・ブログを定期的に発信できる方(基本的なPCスキル含む)
  • シェアハウスに住みたいと思っている方
  • 協調性のある方
  • 20~30代の男女

SNSやブログを定期的に発信している人、女性は優先的に採用するとのこと。

お問い合わせの流れ

  1. 公式ページのお問い合わせフォームより連絡
  2. 内覧・面談(体験入居のためのテスト有)
  3. 無料体験入居
  4. 最終面談(更新頻度等総合的に判断)
  5. 入居開始

詳細については公式サイトの情報を確認の上、お問い合わせください。

その際は下記の内容を記入してください。

****************************************************
情報発信入居者募集
氏名:
電話番号:
メールアドレス:
年齢:
性別:
職業:
SNS等のアドレス(複数可):

その他PRしたいこと等がありましたら記載くださいとのこと。

****************************************************

このような内容を送れば、3日以内には連絡があります。

お問い合わせの前や面談の前にはぜひこの記事や公式ページをシェアしてからいきましょう。

情報発信を率先して行えることをアピールすれば優先して入居できます

最後に

シェアハウスに住みたい&ブログを書くのも好きだ!とこういう人であれば楽しく続けられると思います。

記事や公式ページをシェアして印象をあげてから問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする